野球やサッカー、テニスの試合を観ていると、よく選手以外にグラウンドやコート内を走っている青年や子供を見かけませんか?

球技において、試合で使うボールの管理などを行う補助的な人員のことをボールパーソンというらしいです。

昔は主に男性がこの業務を行っていたので、ボールボーイという呼び方が使われていたようです。

女性もこの役割を担うようになって、時代の流れで「ボールパーソン」という言い方が使われるようになったみたいですね。


仕事の内容

その仕事内容は種目によって違いますが、主にボールを拾ったり、新しいボールを審判や選手に渡すことが中心です。

特にテニスの試合ではとってもきびきびと動いている少年少女が印象的ですよね。

とっても素早くてきぱきと動いていますし、可愛い子たちが多いので、つい試合よりもそっちを見てしまうという方もいるのではないでしょうか?


日本では一番身近なボールボーイは?

日本では一番身近なのはプロ野球のボールボーイですね。

当然野球の経験があること、ルールを熟知していることが前提ですが、ボールボーイになるにはバイトの求人に応募することで成れるようです。

その給料はだいたい時給800円程度からスタートですので、まぁ一般的でしょうか。

ただ、野球が好きで常に一流選手のプレーを見ていたいという方には楽しい仕事内容だと思います。